従業員の急な離脱を防ぐパワハラ防止法対策セミナー ~1万人データから見るハラスメントのリアルとストレスチェック結果の活用法ご紹介 5/19(木)

 
最近、労災トラブルでも特に注目を浴びているのがパワハラなどを受けておこる精神障害の労災で、請求件数や認定件数は年々増加傾向にあります。
2022年4月、中小企業でもパワハラ防止法の適用が開始されたことから、企業としてますますコンプライアンスの遵守が求められています。

本セミナーでは、対策が急務であるパワハラ防止法への対応と、年に1度の実施が義務化されているストレスチェック結果の活用で、労災トラブルを防ぐコツをお伝えします。

“ストレスチェッカー” や “ハラ窓” を提供する株式会社HRデータラボとの共催により、2022年1月実施の最新アンケートデータ1万件の回答からわかったハラスメントのリアルと、ストレスチェック結果の見方と活用法を解説いたします。

このような方におすすめ

  • パワハラ防止法の対応について、何をしたらいいかわからない
  • ハラスメントを未然に防ぎたい
  • ストレスチェックの結果を活用したい

プログラム

1. パワハラ防止法とは? 4月から何をしないといけない?
2. 今さら聞けない!ポイント解説!ストレスチェック結果の見方と活用法
3. コンプライアンス&ハラスメント自主調査結果の発表
4. パワハラ防止法対応、かつ急な従業員の離脱を防ぐ!CHeckのご紹介

セミナー参加特典

  • セミナー講演レジュメ
  • アスマーク「CHeck無料トライアル」
  • トップメッセージひな形

※セミナー終了後にアンケートにご回答いただき、特典を希望された方が対象となります。

★こちらは5月19日(木)12:00~13:00開催セミナーのお申込ページです。
ご都合が合わない方は、5月27日(金)12:00~13:00開催の動画セミナーもご検討くださいませ。

登壇者

株式会社HRデータラボ 公認心理師│山本 久美 氏

大手技術者派遣グループの人事部門でマネジメントに携わる中、社内のメンタルヘルス体制の構築をはじめ復職支援やセクハラ相談窓口としての実務を永年経験。新入社員教育や各種研修も担当。
現在は公認心理師として、ストレスチェックのコンサルタントの他、働く人を対象とした対面・Webやメールなどによるカウンセリングを行っている。産業保健領域が専門。

株式会社アスマーク Humap事業グループ マネージャー│奥津 直樹

新卒にて大手旅行代理店で法人営業を経験後、2015年中途入社。
マーケティングリサーチの営業社員として主に⾷品・出版・通信業界などのお客様へ向け、ニーズに合わせた調査⽅法を提案・企画。
入社3年目からはマネジャーとなり、主に事業会社を担当するチームの立ち上げからマネジメント等を行う傍ら、RPAやHRテック領域への新規事業立案と推進を兼務。
2020年6月からは新設のHumap事業グループにて、マネジャーとして活動中。

開催概要

開催日時 2022-05-19  12:00-13:00
定員 500 人
参加費 無料
会場 WEBセミナー(ZOOMを使用)
                   
                   

受付終了

このセミナーは終了いたしました。

セミナーの一覧に戻る