調査レポート
#メンタルヘルス
2021/09/21

働く人のコロナ鬱に関する調査 ~3割がメンタルの不調を抱え、そのうち4割は受診も相談もしていない~

コロナ禍での日常生活や仕事の変化から、心身の不調を感じる人が増えてきています。OECDの調査によれば、日本でのうつ病・うつ状態の人の割合はパンデミック以降2 倍以上に増加したと言われています。そこで今回は、コロナ禍で働く会社員にスポットをあて、どれぐらいの人がどのような不調を抱えているのか、どのような人が不調に陥りやすいのかなど、メンタル不調の実態を探る調査を実施しました。

下記に当てはまる方にぜひ読んでいただきたい資料です。

  • 企業で従業員のメンタルヘルスケアに関わっている
  • メンタルヘルスについての社内用の啓蒙資料を作りたい
  • 会社員のコロナ鬱の症状や傾向について知りたい
誰が、どこで、何をしているかが、 一目でわかる
座席管理ツール”せきなび”はこちら
ご記入いただきました個人情報は、株式会社アスマーク(以下当社という)が、お問い合わせ対応を含む、当社サービスにおける営業活動に利用させていただきます。上記目的以外の利用、あるいは第三者へ開示・提供は、予めご本人様からの同意を得ることなく、実行されることはございません。なお、弊社はプライバシーマークを取得しており、諸規程、関連法規にしたがって、個人情報を適正に取り扱いますので、ご安心ください。